なぜ憲法学者が「野党共闘」を呼びかけるのか [ 小林節 ]

小林節 新日本出版社ナゼ ケンポウガクシャ ガ ヤトウ キョウトウ オ ヨビカケルノカ コバヤシ,セツ 発行年月:2016年05月07日 ページ数:126p サイズ:単行本 ISBN:9784406060103 小林節(コバヤシセツ) 慶應義塾大学名誉教授、弁護士。

法学博士、名誉博士(オトゥゴンテンゲル大学(モンゴル))。

1949年東京都生まれ。

1977年慶大大学院法学研究科博士課程修了。

ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989年慶大教授。

北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オブ・ガヴァメント研究員等を兼務したのち、2014年慶大名誉教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 安倍政権は立憲主義を弁えていない/2 戦争法の恐ろしすぎる非常識/3 「平和大国」存亡の危機/4 われわれは王様を選んだわけではない/5 緊急事態条項を口実にした改憲の罠/6 「野党共闘」以外に道はない 立憲政治を取りもどすために! 本 人文・思想・社会 政治

  • 商品価格:1,404円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0